• 今宿 裕昭

【グッドモーニング・データ】1.9倍:拡大する生体認証(顔・指紋など)の2029年の市場規模予測


顔パス。バブル世代の我々にとって、なんとも魅力的な言葉。自分もいつか偉くなって、高級なお店で「顔パスで、財布を出さずに無銭飲食(実際は後払い)してやる!」なんて思っていた若い、やんちゃな時代を思い出しました。


コロナ以降、飲食店などの入り口で「顔認証」ならぬ「顔体温測定」という行為は習慣化したことと思います。外観は非常に似通ったデバイスで、顔認証して決済するという事業を、本格化しようという記事を紹介します。


時代はどのように変化するのか、妄想してみます。



目次

顔認証の仕組み

学食から導入

アンチエイジング・フェイス・データサービス




閲覧数:3回0件のコメント