• 今宿 裕昭

【グッドモーニング・データ】2万円:損保ジャパンが開発した、GPS+AI(人工知能)でCO2を減らす運転をトラックドライバーに助言するアプリの月額利用料


監視社会の幕開けです。なんてね。


脱炭素を実現するため、わずかずつでもいいから、爪に火をともすような努力をする、企業姿勢を見つけました。


そもそもトラックを走らせない社会、CO2を排出しないトラックの開発、などなど。やるべきことは見えているが、実現にはまだまだ時間がかかる。


だったら、今できることはなんなのか。一人一人のドライバーの意識を変え、排ガスの少ない運転、すなわち無駄の少ない運転を促すことができれば、少しずつでも社会は変えられる。


そんな、損保ジャパンの本気を感じました。


目次

リアルデータ

パランティア・テクノロジーズ

ログデータを取得しておこう!




閲覧数:1回0件のコメント